動画をよく見て参考にする

セミナー

日本人には様々なコンプレックスがありますが、コンプレックスの一つは英語を話すことができないこととされています。もちろん、外国人だって日本語を話すことができない人はたくさんいます。ですがそれをコンプレックスに感じている人はいません。なぜ日本人が英会話ができないことをコンプレックスに感じているかといえば、間違えたらいけないという恥の文化があるからです。実際に学校での教育でもそのような教育をしてきました。ですが、実際の英会話は間違えても通じるものです。それを紹介してくれているのがプロジェクト2020と呼ばれる英会話の紹介動画になります。プロジェクト2020は料金は一切かかりませんので、それを見て自分でもできそうだと感じるならば実際にやってみるのが良いかもしれません。

なぜ無料にすることができるのか

セミナー

プロジェクト2020を料金はかかりませんが、そもそもなぜ無料にすることができるのかが重要になります。インターネットの情報などを見てみても、プロジェクト2020の動画は無料になっていると紹介されています。確かにこの点は事実になりますが、本当にそんなおいしい話しがあるのかと疑問に思った人もいるでしょう。逆に無料といわれると、価値がないのではないかといったことや嘘なのではないかと勘繰ってしまうものです。しかし、プロジェクト2020に関しては無料なのは本当です。ただ、プロジェクト2020はスピークアウトと呼ばれる英会話システムの紹介動画になっているだけですので、本格的に英会話を学ぶスピークアウトの方は有料になっています。この点を混合してしまうと、すべて無料になると勘違いしてしまいがちなので要注意です。

どのような目的でつくられたか

会場

プロジェクト2020は無料でその後のスピークアウトは料金がかかることがわかりますが、せっかく利用するならばどのような目的でつくられたかを知っておく必要があります。どのような目的で開発が作ったかは、プロジェクト2020の紹介動画を見ればおおむねわかります。ただ、この紹介動画は1時間以上かかるためみるのがなかなか大変でしょう。簡単にいえば、日本人の英会話に対する苦手意識アレルギーを克服しようとするものです。基本的に、英会話は話すことができれば通じること、そして、間違えた会話をしても何ら問題がないことが指摘されています。後は、どれだけのフレーズを学ぶことができれば会話が成立するかなどが説明されているところです。例えば日常会話をするならば60フレーズ学ぶことで、会話は整理するとされており、言い換えるならば60日間英会話の勉強をすれば英会話は成立するということになります。

広告募集中